ED治療薬で体調不良になった場合

薬を持っている男性

現在、世界中で様々な種類のED治療薬が販売されていますが、日本の厚生労働省の認可を受けている薬はごく一部に限られています。
厚生労働省の認可を受けているED治療薬は、クリニックを受診して医師に処方箋を書いてもらえば入手することができます。
逆から言うと、処方箋を持っていない人は、薬局へ行っても薬を売ってもらうことができません。
また、値段の安いジェネリック医薬品は認可されていませんので、価格の高い薬しか購入することができないという不都合があります。

ただし、安い価格のED治療薬を手軽に入手できる方法があります。
それは個人輸入という方法です。
自分で使用する目的であれば、厚生労働省の認可を受けていないジェネリック医薬品であったとしても、適法に個人輸入できることになっています。
1回に購入できる量は1ヶ月分が限度となっていますが、クリニックを受診して処方箋を書いてもらう場合に比べると、かなり低い費用でED治療薬を手に入れることが可能になります。
ただし、個人輸入で入手した医薬品は、個人の責任において使用しなくてはなりませんので、注意が必要です。
具体的に言うと、服用後に体調不良が発生したとしても、その対応を個人輸入代行サイトなどに求めることはできないことになっています。

サイト内検索
最近の投稿
薬を持っている男性

ED治療薬で体調不良になった場合

2019年09月15日

人気記事一覧
2
元気を出している男性
悪質な通販業者への対処法

2019年08月30日

(269 Views)

3
薬を持っている男性

ED治療薬で体調不良になった場合

2019年09月15日

(258 Views)

4
走っている男性と女性
病院で行われるED治療とは

2019年10月17日

(143 Views)